芸術家「岡本太郎」「ピカソ」は

ともに「子供であれ」と言ったそうです。

もっとも素晴らしい絵を書くのは4~5歳の子供だとも。

子供たちは誰かを気にして絵を書いたりしません。
自分の感情の赴くままに、ただ夢中になって絵を描きます。

そんな純粋な気持ちの中から生まれた絵だからこそ
「岡本太郎」「ピカソ」はともに「子供の絵は素晴らしい」と言ったのかもしれません。

子供が書く姿や絵を見ていると「大人になるについて忘れてしまった大切な何か」を
思い出させてくれる瞬間があります。

だから僕も子供が驚くような絵を描きたい。

絵本やアニメにして届けたい。

そして一緒に絵を書きながら遊びたいです。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事