Biography

Teruyuki Kurihara Artist Photo

Teruyuki Kurihara プロフィール

東京在住、千葉県南房総市出身トラックメーカー・ドローイングアーティスト。

 

数々のバンド活動を経て、2007年よりエレクトロミュージックを軸とするソロプロジェクト”Cherry”を始動。

 

2009年、イギリス・ブリストルに拠点を置く優良エレクトロニックミュージックレーベル Four:Twenty からのリリースを皮切りに、国内外問わず楽曲をリリースする。

 

精力的にライブ活動もこなす傍ら、2012年~2014年の2年弱をかけてオーストラリア、タイランド、イングランド、ドイツを巡り、旅の中で得たインスピレーションをもとに絵を描き始める。

 

綿密な線とミニマルなデザインが特徴のユーモアな作品は、ベルリンでギャラリーを運営するキュレーターの目に留まり、数回にわたる展示の機会を得る。

 

帰国後、ヨーロッパを拠点に置くレコードレーベル 「HOLIC TRAX – MONOKLO」 シリーズや優良なハウスミュージックをリリースし続ける国内レーベル「UNKNOWN season」のレコードジャケットのイラストを担当。

 

また「Re:birth Festival」「rural Festival」等で作品の展示やライブペインティングを行うなど音楽活動とともに、作家活動へも活躍の場を広げている。

 

2020年、ドイツの名門レーベルMille Plateauxよりフルアルバムをリリース。新たな表現へのアプローチを見せている。

 

 

 

English

live

Teruyuki Kurihara is a music producer and artist from Japan born in 1979. He started his electronic solo project Cherry in 2007 after playing in some bands. The Alex EP was released in 2009 by the Four: Twenty label based in Bristol. He has released more music on a number of labels, from home and abroad (including Blue Tapes and Organic Industries).

He has spent time between 2012-2014 living and playing live in Australia, Thailand, England, and Germany, experiences that inspired him to begin his art practice.

His style has been described as ’marvellous and elaborate lines in minimal design’. He has been part of group exhibitions in Berlin, before returning to Japan and making illustrations for Tomoki Tamura’s Holic Trax. In addition he has exhibited and made live paintings at festivals including Re:birth and Rural. He has recently been expanding his artistic horizons including both music and drawing art.

In 2020, he released Frozen Dust, a full-length album on Mille Plateaux inspired by nature, particularly the cycles of "destruction and creation"; characterised by industrial and experimental music cast in minimalist fashion.

 

 

Chinese

live
我的想法是,世界和宇宙的所有事物都是互相影響著,並爲保有平衡而共存。

不管是多麼細微的事物,只要有一點點的變化的話,世界就會有所改變,宇宙也是。

而我這幅畫所想表現的是,在那擁有 妙平衡的線條下,再利用黑與白的色調來表現,在這 絕 樣的互相影響之下會有怎樣的結果,連我自已都想知道到底會出現什麼樣的世界觀。

在我的作品裡會感受到我想要表現目前這個世界的混亂的精神,但我真正希望的是,只要些 許的變化,便會有大大的改變,世界、以及宇宙都能朝向和平的方向前進。