William Basinski のDisintegration loops をご存じでしょうか?さいきん僕が特にヘビーローテーションしているアルバムです。 このページではWilliam Basinskiについて、Disintegration loopsの制作背景など、自分自身の忘備録として書き記しながらご紹介します。

William Basinski– Disintegration loops 

William BasinskiのDisintegration loopsを知ったのは、何気なく音をほっていたときのことだったと思う。

なんとも言えない淡い色の夜景のアルバムのアートワークに惹かれて再生ボタンを押した。(後日わかったことだが、これは9.11の瞬間を撮影したものらしい)

いつまでたっても大きな変化はなく、永遠と同じループがただ一時間ちかく鳴っているだけの作品。しかし不思議なことにずっと聴き入ってしまう。

音にはいっさいの角がなく、耳の鼓膜に軽く触れるような質感が心地良い。

作業をしながら聴き入っていると、いつ間にか頭の中にヨーロッパのノスタルジックな街が映し出され、その中をリラックスしながら歩いている自分がいた。

ふと我に返ると作業の疲れなど一切消え去っていて、先ほど頭の中に映し出された情景の中同様にリラックスモードでいる自分。

「音楽は身体に作用する。」

これがWilliam BasinskiのDisintegration loopsをはじめて聞いた時に体験したことだった。

Disintegration Loops 制作背景

89年に制作途中だったテープ音源をCDでリリースするために編集・再録音する途中、テープが古かったせいなのか徐々に劣化をはじめ、最終的に再生が不可能な状態に。 この途中で偶発的に生まれた音をそのまま作品に落とし込み「Disintegration Loops」が誕生したそうです。

またこの数日後に「9.11事件」が発生。 Williamはブルックリンの自宅にある窓から見える黒煙を目のあたりにし、カメラを回したそうです。 この時に録画された映像の中の一部がアルバムのアートワークとなっており、この作品は9.11事件に捧げられました。

 

William Basinski(ウィリアム・バシンスキー)プロフィール

William Basinski
William Basinskiはアメリカを代表するミュージシャン、作曲家。古いオープンリールデッキやテープループを使って70年後半から現在に至るまで実験音楽を作り続けている重鎮です。

実験音楽家の中には楽器が演奏できない人もたくさんいますが、William Basinskiはクラシックの教育を受けたクラリネット奏者で、大学ではジャズ・サキソフォンと作曲を学んでいます。

スティーヴ・ライヒやブライアン・イーノなどの影響からアンビエント、ミニマルミュージックに興味を持ったWilliam Basinskiは、オープンリールデッキを使った実験を繰り返し、独自のスタイルを確立します。

その後、イギリスのレーベル Dutroを皮切りに、ドイツの前衛レーベル Raster-Notonなど世界各国さまざまなレーベルから作品をリリース。多くの賞賛を受けます。  

また自身の楽曲のミュージックビデオの製作、上映。LA在住のビジュアル・アーティストJames Elainとのコラボレーションなど、音楽製作だけに留まらず、多肢にわたり創作活動を行っています。

 

リリース詳細



タイトル: The Disintegration Loops
レーベル: Temporary Residence Limited
カタログナンバー: TRR224
フォーマット: CD

トラックリスト
1. Dlp 1.1
2. Dlp 2.1

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事